2017年6月14日水曜日

Rhinocerosのリバース用プラグイン「Mesh2Surface」の取り扱い開始!

Rhinocerosのリバースエンジニアリング用プラグイン「Mesh2Surface」の取り扱いを開始しました。

Mesh2SurfaceはメッシュデータからCADデータを構築するためのシンプルで強力なツールが揃っています。
特に強力なのがメッシュの曲率を計算し選択範囲を自動で選択できる機能です。
自動で範囲を選択し、平面や円柱、球などを非常に簡単に作成することができます。
実際の作業はこちらの動画をご覧下さい。


Rhinocerosで同じことをやろうと思うと非常に時間がかかりますが、数分であっという間に形状を構築できています。
また、平面や円柱などのシンプルな面の作成だけではなく、メッシュに直接スケッチを引いてネットワークサーフェスを構成することもできます。


ネットワークサーフェスでは難しい複雑な面に対してパッチ面を張ることもできます。
構築した形状は履歴として保存され、後から編集が可能です。
また、作成した形状は直ぐに元のメッシュとの偏差を確認することができます。


Mesh2SurfaceでRhinoceros上で動作するため、新しくソフトを一から覚えるコストも少ないためライノユーザーには非常にお勧めできます。また、完全なリバース用途でなくともCGデータからアタリにデータを作りたいといった用途にも使えます。

コストパフォーマンスが高くお買い求めやすい商品かと思います。
是非お試しください。

▼購入ページ
https://www.dipross-online.com/products/detail.php?product_id=94

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0 件のコメント:

コメントを投稿