2017年6月19日月曜日

Mesh2Surface 機能紹介

先日弊社で取り扱いを開始しましたRhinocerosのリバース用プラグイン「Mesh2surface」の機能を紹介します。

Mesh2Surfaceではメッシュデータから簡単に平面や円柱、球体といった基本的な形状を作成することができます。
今回はサンプルとしてテープカッターの3Dスキャンデータを用意しました。


Meshデータを選択し、Mesh2Surfaceのメニューから「Shapes」を選択します。
すると、Mesh2Surface専用のウインドウが立ち上がります。


Mesh2Surfaceのリバース作業は基本的にこのShapesの中の機能で行います。
この中のメッシュ選択は非常に使いやすいようになっています。

選択したい範囲のメッシュを一部選択して…


上部にある選択範囲の角度の数字を変えると…
右のように曲率を計算して選びたい範囲を調整することができます。

選択範囲を調整したら、左側にあるシェイプの種類を選択します。


シェイプは様々な種類が用意されています。
今回は後ろの箇所がR形状に見えるので「Cylinder」を選択します。


すると、選択した箇所に合わせて円柱が一番フィットするような形で作成されます。


作成された円柱とメッシュとの偏差も解析できます。
作成したシェイプは履歴として残ります。

最後に画面左下の「Creat in Rhino」というボタンを押せばRhinoceros側に面が作成されます。

いかがでしたか?
Mesh2Surfaceは非常にシンプルで使いやすく、強力なツールが揃っています。

ご興味のある方は是非体験版をお試し下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


0 件のコメント:

コメントを投稿