2017年9月12日火曜日

リバースエンジニアリングソフトの比較

本日は、弊社で取り扱っている3種類のリバースエンジニアリング用ソフトの比較をしてみます。
それぞれに突出した機能と変換しやすい形状、価格のちがいがありますので参考になさってください。


このたび弊社で新規に取り扱いを始めたMesh2Surfaceは、人工的な曲面をトレースするソフトになります。車体やイスのデザイン曲面を取り出すのに便利です。
また球面や筒状、平面であれば速攻でトレースしたサーフェスが作成できます。
メッシュの領域をブラシツールで選択したり、メッシュ表面に滑らかな曲線をスケッチする機能が優れています。



RhinoResurfの場合、顔のような自由曲面をトレースする事が得意です。
なんと複合面(パッチ)ではない一枚面でサーフェス化することができます。
コマンドによっては複合面でトレースしたり、メッシュ表面に断面線を描いてその輪郭で面を張る事も可能です。


Geomagic DesignXはリバースエンジニアリングの業界では一番有名なソフトとなります。
3Dスキャンした直後の点群やメッシュデータというのはノイズや穴が発生している事が多いので、まずそういった状態からのサンプリングやメッシュの削減といったデータ補正が可能です。
上記2種のソフトでは基本的にまとまったメッシュデータありきでサーフェス変換作業を行うことになっています。
サーフェスの変換機能が優れていることはもちろん、履歴を使用したCADモデリング機能も搭載されています。


その他比較した項目をまとめた資料を作成しておきましたので参考にご覧ください。


(大きな画像のダウンロードはこちら


Mesh2Surfaceは、現在ハンズオンセミナーを毎月開催しております。
また、体験版のソフトもありますので興味のある方は是非お試し下さい。

▼セミナー申込ページ
https://www.dipross-online.com/products/list.php?category_id=8

▼ソフト購入ページ
https://www.dipross-online.com/products/detail.php?product_id=94

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年9月7日木曜日

Mesh2Surface メッシュの自動分割

ご好評いただきましてMesh2Surfaceの問い合わせを数多く頂いております。

前回に引き続きMesh2Surfaceの機能を紹介します。
Mesh2SurfaceはRhinocerosのリバース専用プラグインですが、メッシュを編集する機能も備わっています。

スキャンしたメッシュデータは非常に重いデータになっていると思います。
Rhinocerosの標準機能では必用な箇所のメッシュを取り出すのは非常に難しいのですが、Mesh2Surfaceの「Segmentation」という機能を使えば簡単に分割することができます。

今回はイスのスキャンデータを用意しました


メッシュを選択し、上部のMesh2SurfaceのメニューからSegmentationを選択します。


Segmentation専用のウインドウが起動します。
こちらは基本的なビューの操作方法はRhinocerosと同じです。


画面左上の「Detect」ボタンをクリックします。
すると、メッシュを自動で色分けされます。


このように隣り合うポリゴンの角度などを計算し、自動で分割することができます。
範囲を変えたい場合は画面上部にある「Sensitivity」のスライダーを動かして調整します。


少しスライダーを調整しました。
スキャンされたメッシュの状態にもよりますが、ある程度範囲をコントロールすることができます。

Shapesと同じように範囲を手動で調整することも可能です。
Rhinoceros側に反映する場合は画面左下の「Split into sub-meshes」をクリックします。


これでRhinoceros側に分割が反映されました。

Segmentationはメッシュを自動で分割してくれるので必要な部分のみ取り出したいという場合など様々な場面で使用できます。
また、ZBrushなどのCGデータを扱う場合にも有効に使えます。

以上、Segmentationの機能の紹介でした。
Mesh2Surfaceは体験版もありますので興味のある方は是非お試し下さい。

▼購入ページ
https://www.dipross-online.com/products/detail.php?product_id=94

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年6月22日木曜日

Mesh2Surface 3DSketchについて

前回に引き続きMesh2Surfaceの機能をご紹介します。
今回は「3D Sketch」という機能についてご紹介します。

3D Sketchはメッシュに直接カーブを引くことができる機能です。
メニューの左上から3D Sketchのシェイプを選択します。

すると、メッシュの上をクリックするとポイントを打ちメッシュに吸着してカーブが引かれていきます。


Rhinocerosの標準のスナップ機能でも同じようなことはできますが、メッシュの頂点を全てスナップするようになってしまうため、非常に使いにくいものになっています。
ただし、Mesh2Surfaceではなぜかベジェ曲線が使用されているため少し慣れが必要かもしれません。


3D Sketchでは引いたカーブを使用してネットワークサーフェス面を作成することができます。
上記画面のように格子状にカーブを引いて…


カーブを全て選択してネットワークサーフェスのアイコンをクリックします。
すると…


このようにネットワークサーフェスが作成されます。
画面左下のTolerancedにチェックを打つと偏差を見ることができます。


メッシュとの精度をもっと上げたい場合は、構成するカーブを増やすことで解決することができます。
Ctrl+Altキーを押しながらカーブをドラッグすると、カーブを複製して移動させることができます。


カーブを増やしてみると精度が上がったのがわかりますね。

このように3D Sketchでは直感的に操作しつつ、パッチ面ではできないような綺麗な面を構成することができます。

3D Sketchにはまだ他にも機能を揃えているのでまた後日ブログにて紹介します。
興味のある方は体験版もありますので是非お試し下さい!

▼購入ページ
https://www.dipross-online.com/products/detail.php?product_id=94

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年6月19日月曜日

Mesh2Surface 機能紹介

先日弊社で取り扱いを開始しましたRhinocerosのリバース用プラグイン「Mesh2surface」の機能を紹介します。

Mesh2Surfaceではメッシュデータから簡単に平面や円柱、球体といった基本的な形状を作成することができます。
今回はサンプルとしてテープカッターの3Dスキャンデータを用意しました。


Meshデータを選択し、Mesh2Surfaceのメニューから「Shapes」を選択します。
すると、Mesh2Surface専用のウインドウが立ち上がります。


Mesh2Surfaceのリバース作業は基本的にこのShapesの中の機能で行います。
この中のメッシュ選択は非常に使いやすいようになっています。

選択したい範囲のメッシュを一部選択して…


上部にある選択範囲の角度の数字を変えると…
右のように曲率を計算して選びたい範囲を調整することができます。

選択範囲を調整したら、左側にあるシェイプの種類を選択します。


シェイプは様々な種類が用意されています。
今回は後ろの箇所がR形状に見えるので「Cylinder」を選択します。


すると、選択した箇所に合わせて円柱が一番フィットするような形で作成されます。


作成された円柱とメッシュとの偏差も解析できます。
作成したシェイプは履歴として残ります。

最後に画面左下の「Creat in Rhino」というボタンを押せばRhinoceros側に面が作成されます。

いかがでしたか?
Mesh2Surfaceは非常にシンプルで使いやすく、強力なツールが揃っています。

ご興味のある方は是非体験版をお試し下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2017年6月14日水曜日

Rhinocerosのリバース用プラグイン「Mesh2Surface」の取り扱い開始!

Rhinocerosのリバースエンジニアリング用プラグイン「Mesh2Surface」の取り扱いを開始しました。

Mesh2SurfaceはメッシュデータからCADデータを構築するためのシンプルで強力なツールが揃っています。
特に強力なのがメッシュの曲率を計算し選択範囲を自動で選択できる機能です。
自動で範囲を選択し、平面や円柱、球などを非常に簡単に作成することができます。
実際の作業はこちらの動画をご覧下さい。


Rhinocerosで同じことをやろうと思うと非常に時間がかかりますが、数分であっという間に形状を構築できています。
また、平面や円柱などのシンプルな面の作成だけではなく、メッシュに直接スケッチを引いてネットワークサーフェスを構成することもできます。


ネットワークサーフェスでは難しい複雑な面に対してパッチ面を張ることもできます。
構築した形状は履歴として保存され、後から編集が可能です。
また、作成した形状は直ぐに元のメッシュとの偏差を確認することができます。


Mesh2SurfaceでRhinoceros上で動作するため、新しくソフトを一から覚えるコストも少ないためライノユーザーには非常にお勧めできます。また、完全なリバース用途でなくともCGデータからアタリにデータを作りたいといった用途にも使えます。

コストパフォーマンスが高くお買い求めやすい商品かと思います。
是非お試しください。

▼購入ページ
https://www.dipross-online.com/products/detail.php?product_id=94

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年5月17日水曜日

人気無いの?Flamingo【プラグイン レンダラー】

みなさんハンドスピナー回していますか?
Flamingoでレンダリング
いきなりですが、Rhinocerosにはいくつか静止画レンダラーが存在します。
簡単にざっくりまとめると

・標準レンダ(最初から搭載されているレンダラー)
Brazil (純正プラグイン:プロフェッショナル用最高級レンダラー)
Flamingo(純正プラグイン:扱いやすい高品質レンダラー) 
・Penguin(純正プラグイン:アニメ調レンダラー)
・V-ray(プラグイン:高機能レンダラー※英語版のみ)
・GOLD(プラグイン:ジュエリー用レンダラー)

といった感じになります。
その中で今回は弊社でも取扱をしているFlamingoについて軽く触れたいと思います。

動物の名前が多いRhinoのプラグインですが、Flamingoも開発元がRobert McNeelAssociates社のためやはり動物の名前がついています。
ということで有料のプラグインですが、安心の純正なんですね。

■標準レンダラーとの一番の違いは
  ・セッティング済みのマテリアルがたくさんついているので設定が楽。
  ・レンダリングのクオリティが高い。
■Brazilとの違いは
  ・Brazilのほうがより細かい設定が可能
  ・値段が少し高い

といった感じだと思います。



インストールすると純正プラグインなので作業画面の端にレンダ用のウィンドウが作られます(消せます)



マテリアルライブラリは20項目に分かれてます。
さらに各項目を開くと中に素材ごと、色ごとにマテリアルが入っています。
用意されているマテリアルの20ジャンル
金属の項目だけでもこんなに入っています
「金属」だけでも10個のフォルダと代表的なマテリアルがざっくり入っています。
表示方式を変えれば質感のチェックや色替えなどの細かい設定ができます。
テクスチャーも最初から入っています



建築用素材や陶磁器など特殊な素材もテクスチャー付きで入っています
船舶専門のマテリアルもあります

使いたいマテリアルをドラッグドロップするだけ


マテリアルライブラリの中の使いたい素材のアイコンを反映させたいオブジェクトにドラッグドロップするだけでマテリアルが反映されます

レンダリングモードでリアルタイム簡易表示





ぱっと見反映されてないようですが...
左上の表示方式を「レンダリング」モードに変えると簡易的なリアルタイムレンダリング表示になります。




マテリアルアイコンをダブルクリックしてプロパティを開くと簡単に素材のベース色を変更できます。
ダブルクリックで簡単に色替え

試しに木目もドラッグしてみました。
通常レンダと同じ上部のレンダボタンを押すと専用のレンダリングウィンドウが起動してレンダリングが始まります。
レンダ開始は通常のレンダボタンと同じ
「通常レンダ」と「Flamingo」はメニューの「レンダリング」の中から自由に切り替えることができます。

環境設定から床面にもマテリアルをつけることができます

樹木のオブジェクト素材も入っています
建築パース用だと思いますが樹木のオブジェクトも入っていますので、ドラッグドロップするだけで簡単に植樹ができます。
簡単に記念植樹ができます

床と樹木を割当ててレンダリングするとこんな感じになります。
ガラスの屈折率や金属の表面加工、周りのオブジェクトの映り込みなど
かなりいい感じにレンダリングができます。


映り込みやガラスの屈折がきれい

Flamingoのレンダリングは「パス」の数字が増えていく程レンダリングの精度が上がって行きます。
ちなみに自分で停止させるか設定で意図的に止めないといつまででもレンダを続けてくれます。
ご自分のいいと思った感じで止めてください。
「パス」は100回くらいを目処にするといいかと思います。

さらにレンダ終了後にフィルタをかけることが可能です。
被写界深度や焼き込みなど後から調整できます。

被写界深度を後から追加できます
後から被写界深度追加。奥や手前の木がボケていい感じ
こんな感じでドラッグドロップするだけで簡単にマテリアルを割り当てる事ができます。
簡単ですね。(初夏のハンドスピナー♪)

「標準レンダ」では標準で付いているマテリアルが数十個しかないので、ほとんどのマテリアルを自分で作る必要があります。
また、ガラスや水、プラスチックなどの透明パーツの屈折率など設定が面倒だったり
レンダリングでうまく反映されなかったりすることがよくあります。

このあたりの手間を簡単に短時間でやってくれるのが有料レンダラーの魅力ですね。

ディプロスでは
Flamingoをお値打ちに販売しています。
https://www.dipross-online.com/products/list.php?category_id=14

自分でモデリングした製品は自分でキレイにしてみませんか?

以上、ハンドスピナーのカスタマイズ(高回転化)が気になる
デザイナー川合でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2017年5月10日水曜日

新しいGrasshopperトレーニング開講のお知らせ

2017年6月から、プロダクト製品に活用可能なアルゴリズムをお伝えする、Grasshopperの新しいトレーニングコースを開講いたします

建築業界で話題のGrasshopperを使い始めてみたけれど、実際にプロダクト製品のモデリングに活かす手順がいまいち掴みきれていないという方へ、次のステージへ進むための応用編のトレーニングコースです。


Grasshopper応用トレーニング内容

Grasshopperによるモデリングの自動化

パラメーターで形状の調整が可能なタイヤホイールのデザインラインを作成します。



ミラー、環状配列、曲線の分割、曲線のフィレット/ブレンドなど、モデリングに必要な操作をGrasshopperでどのように再現してどういうメリットと使い勝手なのかを学びます。


点や線によるアトラクター制御

Grasshopperの使用例にてアトラクターというアルゴリズムがあります。
単純にパターンを機械的に並べるだけでなく、点や線によってパターンの大きさをグラデーションで微妙に調整できます。

また、更にこの講習では、
・球体の半径を何ミリ以内に制御するには?
・曲面上でもパターンを配列可能か?
・球体以外を並べるには?
というところまで踏み込んだ内容をご紹介いたします。

サーフェスの表面形状をウェーブさせる

表面が波上に起伏するWave Surfaceを作成します。
サーフェス上の制御点の移動量の数値制御と、コップの形にする為の周期サーフェス変換を行います。

独学では理解しがたい数値制御のコンポーネントとその組み合わせ方をご紹介いたします。

パターンカット

Grasshopperを使用する目的として、製品表面にパターンを施したいとお考えの方がやはり多いと思います。
六角形を配列したハニカムパターンと、平面および凹凸をつけた槌目模様を再現します。







プラグインソフト『Weaverbird』によるパターンのスムース化

Rhinoのプラグインソフトとして動作するGrasshopperですが、そのGrasshopper上で動作するプラグインソフトも存在します。
Grasshopperだけではプログラムを組むのが大変な作業をこなす新たなコンポーネントを追加できます。







開催概要およびお申込みはコチラ

トレーニングの申し込みはこちら
▼ディプロスオンラインショップ_Grasshopper応用トレーニング


■開催場所

ディプロス株式会社
〒460-0002
名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル2F 
D-stageトレーニングルーム=MAP=

■日時

平成29年6月7日(水) 7月13日(木) 8月3日(木)
10:00~17:00(昼13時より1時間休憩)


■料金

税込39,800円


■定員

各回 6名


■ご受講に際して必要な基礎知識

既にGrasshopperを試用済の方を対象として講義を進めますので、以下の操作が可能かどうかご確認ください。
Grasshopperが未経験の方は、弊社のGrasshopper入門トレーニングの受講をおすすめいたします。
入門編→応用編の2日間連続受講も可能ですので、ぜひともお申込みください。

・Grasshopperを起動して、簡単なアルゴリズムを組んでみたことがある
 (→コンポーネントの接続/接続解除/複数接続の操作ができる、Rhinoの曲線やサーフェスをオブジェクトをGrasshopperにセットできる)

・リストデータの制御コンポーネントを使ってみたことがある
 (→ListItem/CullIndexなどを使用、Flatten/Graft/Symplify/リパラメタライズを適用した事がある)


以上、Rhinoceros/Grasshopper講師の勝間でした。
たくさんのお申込みお待ちしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━